高松にある内科・糖尿病内科・皮膚科クリニックです。患者様の「笑顔」を大切に診療に取り組んでいます。

医療法人ウェルネスサポート 高松紺屋町クリニック

NEWS お知らせ

ブログ

2019年4月5日

  • ブログ

成人用肺炎球菌ワクチンについての続報

2018年10月のブログにて、「2019年4月1日からは65歳の方のみに定期接種のお知らせが届くようになります」と記載しましたが、このたび変更になりました。

2014年10月より定期接種が開始されましたが、接種率は40%程度に留まっているそうです。

肺炎球菌感染症の疾患の重篤度から接種率を向上させる必要があるため、新たに2019年度から2023年度までの5年間、経過措置が設けられることになりました。

今までに肺炎球菌ワクチンを接種したことのない方で、さらに今年度65歳になる方、それ以降は5歳刻みの年齢の方が公費助成を受けられる定期接種の対象となります。

定期接種制度について、ご自身が該当するかどうかご不明な方は、クリニックまでお問合せください。

2019年1月14日

  • ブログ

健診センターより・特別コースのご案内

30年あまり続いた「平成」も残りわずかですね。

新しい時代を迎えてもずっと元気で長生きできるよう、今一度健康のチェックをしませんか?

そこで、高松紺屋町クリニック健診センターでは、4月までの特別コースをご用意いたしました。

早期発見・早期治療で健康寿命を延ばしましょう!

 

<詳細は下記リンクをクリックしてください>

健診特別コースのご案内はこちら

2018年12月25日

  • ブログ

冬場に多い「低温やけど」にご注意を

低温やけどとは、湯たんぽや使い捨てカイロ、高温の電気カーペットやこたつに、皮膚がある程度の時間触れることによって起こるやけどのことです。

一般的に「低温やけど」と聞くと「軽度のやけど」と思われがちですが、熱源が低温の場合、触れていても熱さや痛みを感じにくく、やけどがゆっくりと進行していくため、見た目にはひどい状態でなくても、皮膚の深いところまでやけどをしてしまっている場合もあります。気が付いた時は少し皮膚が赤くなり、ヒリヒリする程度でも、1日経つと水ぶくれができジクジクになり、治療に1ヶ月近く要することもあります。

「水ぶくれにアロエを塗るとやけどが治る」といった民間療法を耳にすることもありますが、雑菌が侵入する可能性がありますので、感染予防のためにも自己判断せず早めに受診することをお勧めします。

「忘年会でお酒を飲み過ぎて酔っぱらってファンヒーターの前で眠ってしまった」

「寝ている間に湯たんぽに接触していた」

など、低温やけどを起こす危険性はいろんなところに潜んでいますので、十分お気を付けください。

2018年12月18日

  • ブログ

インフルエンザが流行し始めました

香川県感染症情報センターの週報によると、県内のインフルエンザの患者数が増えてきているようです。

現在は西讃地域を中心に急増しておりますが、既に当院でもインフルエンザの患者さんが見られるようになってきました。

これから年末年始にかけて、人の移動が多くなると流行が加速する傾向にあります。

予防の基本でもある手洗い・うがいなどの「うつらない」対策はもちろん、咳が出始めた人はマスク着用などの咳エチケットを徹底して「うつさない」対策を行いましょう。

 

2018年11月16日

  • ブログ

インフルエンザの検査を受けるタイミングは?

これからインフルエンザの流行が気になる季節です。

でも、インフルエンザに罹ったかな?と思っても、どのタイミングで検査を受けたらよいか困った経験はありませんか?

発熱後すぐに受診し検査をしたが陰性で、数時間後もしくは翌日に検査をしたら陽性であったという経験をしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この差は、体の中のインフルエンザウイルス量に関係しているのです。

発熱後12時間ほど経過すればウイルス量も増えているため、インフルエンザにかかっていれば検査は陽性となります。

夕方発熱した場合は、夜間の苦痛を少しでも軽減するためにひとまず解熱剤だけ処方してもらい、翌日検査を受けることをお勧めします。

抗インフルエンザウイルス薬の投与が発症から48時間以内であることを考えると、検査を受けるタイミングは発熱後12時間から48時間以内が最適と考えられますので、受診の際の参考にされてはいかがでしょうか。

 

2018年10月31日

  • ブログ

11月14日は世界糖尿病デー!

インスリンを発見したカナダのバンディング博士の誕生日である11月14日。

この日は国連により世界糖尿病デーと認定され、世界160か国から10億人以上が参加する世界で有数の疾患啓蒙の日となっています。

世界糖尿病デーのキャンペーンには青い(国連・どこまでも続く空)丸(団結)「ブルーサークル」がシンボルマークとして用いられ、「糖尿病との闘いのために団結せよ」というキャッチフレーズがつけられています。

この日にちなんで、日本各地でも糖尿病に関連した啓発イベントが行われたり、建造物などがブルーにライトアップされたりします。

香川県内でも玉藻公園や丸亀城、銭形砂絵などがライトアップされる予定です。

詳しくは、「世界糖尿病デー」の公式ホームページに掲載されています。

皆さんも11月14日を糖尿病について考える日にしてみませんか?

世界糖尿病デー チラシ

2018年10月24日

  • ブログ

成人用肺炎球菌ワクチンの予防接種はお済みでしょうか?

肺炎は日本人の死因の第3位であり、死亡者の95%は65歳以上であると言われています。

日本人がかかる肺炎の中で最も多い原因菌は「肺炎球菌」です。

成人用肺炎球菌ワクチンを接種し、肺炎予防をしていきましょう。

お住まいの市町村からお知らせが届いている方は、公費助成を受けられますので、クリニックまでお問い合わせください。

尚、平成31年4月1日からは、65歳の方のみお知らせが届くようになりますので、対象の方でまだ接種をされていない方は今年度中にお受けください。

今年度の接種期間は平成30年4月1日~平成31年3月31日までです。

2018年10月2日

  • ブログ

今月末が期限です ~高松市の各種検診~

毎年実施されております高松市助成による各種がん検診・特定健診。

大腸がん・胃がん・前立腺がん・肝炎ウイルス検診および特定健診については、今年度の実施期間が10月31日までとなっております。

助成対象の方には、ご自宅に受診券が送付されています。

少ない負担でご自身の健康状態を知ることができるいい機会ですので、まだ受診していない方は少しだけ時間を割いてみてはいかがでしょうか。

受診を希望される方は、お電話(087-802-5880)にてご予約の上、受診券をお持ちになってご来院ください。

 

尚、乳がん・子宮頸がん検診については、平成31年2月28日まで受診可能です。

2018年9月5日

  • ブログ

健診のオプション検査について

企業や団体でお勤めの方は、最低でも年に1回の定期健康診断を受けられていると思いますが、企業や健康保険組合などの指定の健診項目だけしか受けたことが無いという人も多いのではないでしょうか。

そこで、せっかくの機会を有効に活用するために、様々なオプション検査を追加することで、不安の解消や早期発見につなげてみてはいかがでしょうか。

オプション検査を選ぶポイントとしては、

生活習慣や年齢、ご両親等血のつながったご家族の既往歴などを考慮するといいかと思います。

例えば、

「両親ともに癌でなくなったので毎年各種腫瘍マーカー検査をする。」

「お酒をよく飲む機会が多いので、肝臓や膵臓に関する検査をする。」

など、不安を感じるようなことがあれば、毎年の検査に追加してみましょう。

 

当院のオプション検査一覧は、そういった不安要素や部位別にわかり易く説明しておりますので、受診の際のご参考に活用ください。

<オプション検査一覧>

http://well-sprt.com/pdf/mc-option.pdf

2018年8月21日

  • ブログ

まだまだ水虫にご用心

今月の皮膚科で一番多い病名は「足白癬」。俗にいう「水虫」です。

8月も終わりに近づいていますが、依然暑さも厳しいこともあり、引き続き多くの患者さんが通院されています。

 

水虫はカビの一種「白癬菌」が原因で起こり、感染する病気です。

自らの治療とともに、こまめな掃除やスリッパを共用しないなど、ご家族などへの感染防止にも努めましょう。

 

また、症状が治まっても菌が残っていることがありますので、ご自身の判断で治療を止めず、医師の指示があるまでは治療を継続することが重要です。

アクセス

お気軽にお電話ください 087-823-1018

お気軽にお電話ください087-813-1018

内科・糖尿病内科
9:00~13:00
14:00~18:00

〒760-0027 高松市紺屋町5-3
JR高松駅・琴電片原町駅から徒歩約15分にあるクリニックです。
お車でお越しの方は、近隣の駐車場をご用意しております。

大きい地図で見る

内科・糖尿病内科の受診の際は
ご予約ください
087-813-1018